忍者ブログ
家族葬・直接葬から一般葬まで幅広く従事してきた元葬儀社スタッフのつぶやき
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、以前私が受け持った、仕事のご遺族から、ご相談を受けました。

まだまだ、亡くなることはないだろうという方の葬儀の事前相談でしたが
色々な事情がある方で、予算の中で、できる事、他に必要な物など簡単ですが
ご説明させて頂きました。

事前相談を受けられる事は、とてもいいことです、少し前は「葬式の話なんか縁起
でもない」と忌み嫌われ、タブー視されていましたが、今の時代、少子化や経済の
不安定など諸事情により喪主となる方の精神的、経済的負担が大きくなっている
ように思います。

心の準備もありますが、予算の中で何が出来るか、ご本人がどういった形の葬儀
をご希望か、それをしっかりした形にする為には、やはり事前の準備が必要です
できる事ならば、ご本人様がエンディングノートなどに、ご希望の葬儀の形を明確に
残しておいていただければ、喪主様の精神的負担の軽減のになります。

葬儀の打合せ、お見積もりの際、よく見かけるのが、喪主(故人)の主張と親族の
主張がかみ合わないこと、大抵の場合、周りのご親族も良かれと思いながらアド
バイスをされるのですが、反って混乱や揉め事を引き起こす原因になる事があります
実際、所変われば、風習も変わる、この地域の常識がここでは非常識になる、それが
いまだ古い習慣の残る葬儀なのです。

最良の形で故人を見送る事に集中していただく為にも、事前準備が大切です。

話は戻りますが、今回、事前相談以外に故人を見送ったその後、今これからの事
など、いろいろなお話を伺いました。
私にとって、これはとても嬉しい事です、私ができる事はとても少ないですが
大切な人を亡くされた方の心を少しでも癒す事が出来れば、私がこの仕事をしている
意味が見えてくるような気がします。

今回、お話をしていただいた方には、ほんとうに感謝しています、これからもお気軽に
いろいろな事をご質問下さい。


家族葬サロン「プレビア」

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/07 よるきち]
[09/01 むらた]
[03/11 シオン]
[03/11 シオン]
[03/11 シオン]
プロフィール
HN:
葬儀スタッフ
性別:
男性
職業:
葬祭業スタッフ
趣味:
寺院巡り
自己紹介:
葬祭業歴、10年弱、前職は橋梁メーカーで品質管理を担当、昔は地図に残る仕事、現在は心に残る仕事をめざしてます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 葬儀屋スタッフの時々日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]