忍者ブログ
家族葬・直接葬から一般葬まで幅広く従事してきた元葬儀社スタッフのつぶやき
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、神戸市ポートアイランドの岸壁で、コンテナ船の係留ロープ
(直径10センチ)が切れて、係留作業をしていたアルバイト作業員
二人を直撃した
一名は頭を強く打って即死、もう一名も全身を打ち、約1時間後に
死亡した

えっ、ロープが当たって死亡するの?と思う方もおられると思いますが
何トンもの荷重が掛かっているロープやワイヤーが切れると凄まじい
パワーとスピードで跳ね返ります

その昔、私が橋梁メーカーにいた頃、稀にですが製品を「浜出し」と言う
方法で出荷する事がありました

この「浜出し」とは橋を架ける現場が海岸沿いや海の上であることなどの
条件が合えば、工場の敷地内で橋げたを完成させ、海上を航行出来る
巨大なクレーン船で吊り上げ出荷(工場の敷地も海岸沿いでした)現地
でもこのクレーン船で架設を行います
sen01b.jpg





この浜出し作業中のこと、たしか橋げたは阪神高速の湾岸線か東京湾
横断道路だったと思います
私は当時品質管理をしており、浜出し作業の補助として計測器械数台で
橋げたを吊り上げる位置までクレーンを誘導する役目をしてました

橋げたの荷重の中心は計算で算出されています、はっきり言ってあまり
信用していませんでした

クレーンの誘導位置と誤差は10cm以内、誘導が終わり橋の上にいる
作業員がワイヤーを架け、少し離れたところまで退避しいざ吊り上げ
その瞬間一本のワイヤーが突然切れとてつもない勢いで暴れました
私はその様子を計測器械越しに見ていたのですが本当に冷やりとしました
たまたま近くに作業員が居なかったのでけが人は無かったのですが
当たれば大怪我どころか身体を切断されそうなスピードでした

その後何事も無く橋げたも無事、まっすぐ持ち上がり出荷することが
出来ました
後で原因を追求すると何箇所かあるワイヤーをかけるフックのなかで
ワイヤーが切れたフックの位置が設計位置よりずれていたことが解り
ました、おそらくその誤差の為、一本のワイヤーに数百トンもの荷重が
掛かったようです

事故はほんの些細な誤差や勘違いから来る物、昨日の事故もそんな
些細な条件で起こってしまったのかも知れません

なくなられた方はどちらも20歳、ある日突然愛する家族を失う悲しみは
計り知れません、残された遺族はこれから長く辛い悲しい日々が続くの
です

亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。


愛する人を亡くした人の為の100の言葉

PR
先日、久しぶりに映画を観てみました

子供が生まれてから、映画など観ることが無かったのですがたまたま
時間が空いたのでひとりで映画でも観ようかと思いつき映画館へ
“20世紀少年”が観たかったのですが時間が合わず、待ち時間が無く
観れる“感染列島”になりました

主演は大河ドラマでお馴染みの“妻夫木聡”と美人女優の“檀れい”脇を
“佐藤浩市”や“藤竜也”などが固めます

物語は鳥インフルエンザの発生と感染者と見られる病人の死から始まり
ます
ここであまり書きすぎるとネタばれになりますので、さわり程度にしておき
ます

私の仕事柄、やはり感染と聞くと気になるのはご遺体の扱い方です
通常病院でお亡くなり、葬儀社がお引取りに伺いますが個人情報保護
などの概念から死因や病名は病院からは教えていただけません

結核病棟など特殊な病院では、マスクの着用を指示されますが、この
業界の古い体質のせいですがゴム手袋は着用しません

以前大阪の公益社さんのエンバーマー(遺体防腐処置を行う人)にお話
を伺う機会がありましたが、やはり血液に触る為、感染にはかなり気を
つけているとのこと、同時に施設も緊急時を想定したシャワーなども設置
されていました

急速な温暖化から来る自然破壊、今まで人が立ち入らない場所でひっそり
暮らしていたウィルスが人と接触し感染する可能性も上昇しているのでは
ないでしょうか

ウィルス自体は悪くないのでしょうが、彼らは宿主を破壊しながら進化と自滅
を繰り返していきます
この先いつ新しい未知のウィルスが発生するとも限りません
我々も古い体質を捨て、家族を守る為にも感染には十分注意しなければ
いけないのではないでしょうか。

今朝テレビをつけて、いきなり飛び込んだのがこのニュースでした

別に芸能人の結婚などあまり興味も無かったのですが“世紀の結婚”
“格差婚”とまで言われたこの結婚だけは、一般小市民である私には
好意的に写っていたのですが

お互い仕事をしていると、何かとすれ違いになるのでしょうか、まして
芸能界は不規則な世界
私の知人にイベントから番組制作まで幅広く手がける会社を経営して
いる人物がいますが、我々葬儀に従事するスタッフ以上に不規則で
仕事があれば一年365日、24時間関係なくセッティングや打合せなど
走り回らなければならないようです

やはりタレントさんも地方にいったり、深夜まで撮影したりとなにかと
時間を取られてしまうのでしょうか

そんなに興味は無いのですが、なんとなく残念です。


今朝、新聞やテレビで紹介されていましたが“中学生の2割“ケータイ漬け”
なのだそうだ。

新聞によると、文科省が全国の小学6年、中学2年、高校2年の計約1万7000人を対象に
実施した調査の結果

携帯電話の所有率は小学生が24.7%、中学生が45.9%で、高校生は95.9%とほぼ全員
携帯電話で一日に50件以上メールをやり取りすると答えた小学生はわずか2.4%だったが
中学生は19.5%、高校生は13.9%にのぼり
一日のメールが30件以上という児童生徒のうち、午後11時以降に寝るという小学生は64.3%
中学生が74.8%、高校生では87.1%のもなるそうです

また、中高校生の約7割が、迷惑メールやインターネット掲示板に悪口を書かれるなどの
トラブルを経験、逆に3割がネット掲示板に悪口を書いた経験も
注意しなければならないのが、高校生の約2割が授業中に携帯電話を使用したことがあった
というもの

一方、「プロフ」については、約4割の高校生に利用経験がありその反面、親の4割が
「聞いたことさえない」という
親が携帯電話やインターネットの機能やサービスを理解していない実態も分かった
文科省が呼びかけている「家庭でのルール作り」も、高校生のほぼ半数が「決めてない」と
したのに対し、約4分の3の親が「決めている」との認識を示すなどこちらも大きなギャップ
があるようです。

文科省では「親の認識を高めることが、子供への携帯の適切な使い方指導につながる」と
指摘しています。

私が勝手に思うところですが
急激な携帯やネットの普及によってとても便利になった反面、それが子供達に及ぼす
影響など、予測や結果が時代のスピードに全く追いついていないのではないでしょうか

一昔前、原子力プラントで検査業務を行っていた頃、高放射能地区での作業は工業
ロボットが担ってました
その頃よく聞いたのが、「ソフトにハードがついて来ていない」と言う事
どう言う事かと言うと、機械を動かす為のプログラムはしっかり精密な物が出来ているが
機械が正確に動けない為、誤差が生じると言うもの
緻密なプログラムがあっても、機械がそれについて来ていない為、最後は人間の手で
微調整が必要になってくる、機械の精度を上げなければ、やはり人間が被爆しなければ
ならない、そんな事をふと思い出しました

今となっては、携帯やネットを規制する事は非現実的でしょう
人間が作ったアイテムなのに、使う人間や社会が精神的について来れていないような

どんどん子供達が親から見えなくなる前に、どうこれらのアイテム達と付き合っていくか
共存する方法を考えなければいけないのではと思います。



ロシア、サハリンから日本などに向けて輸出されるLNG・液化天然ガス生産施設
「サハリン2」の完成式典が、18日午後2時前からLNGの生産施設で行われました。

また式典には日本から麻生総理大臣が出席、ロシアのメドベージェフ大統領や関係国
の首脳が出席した。

「サハリン2」は、サハリン島(樺太)近辺の石油や天然ガスなどの天然資源採掘
プロジェクトの総称で、石油・天然ガスなどを採掘し、それを南部のアニワ湾まで約800km
のパイプラインを建設して運ぶ事業、1990年代前半に開発が決まったプロジェクトで本来は
ロシア政府が権益を独占するはずの事業であった。
しかし、当時ロシアはソ連崩壊直後の経済混乱期、総事業費を賄うのは当時のロシア政府
には困難であり、プロジェクトを外資に売り渡すことになりました。

プロジェクトに参加したのは、ロイヤル・ダッチ・シェルと日本の三井物産、三菱商事、の3社
この3社が共同開発会社「サハリンエナジー・インベストメント」を設立し、資源の採掘を行う
契約をロシア政府と結びました。
また日本の企業が経営に加わることで、樺太から北海道までパイプラインを結んで、直接
日本へ天然ガスを送る計画もされました。

当初、開発にかかる総事業費を回収するまでは3社で利益を独占し、費用を回収した後は
ロシア政府と利益を折半する契約だったようです。
しかし1999年から実際の採掘が始まったものの、様々な要因で総事業費は約200億ドルに
まで膨らんだ。

事業費の高騰という問題に遭いながらも、プロジェクトは順調に進んでいたが
しかし2006年の9月に突然、ロシア政府がサハリン2の中止命令を出した。

名目は「パイプライン建設に伴う環境破壊」、蓋を開ければ「国内企業のガスプロム社も
サハリンエナジー社の経営に加えろ」ということでした。

ガスプロムは世界最大の天然ガス企業、同時に事実上ロシア政府の半国営の企業です
そのガスプロムを経営に加えろと言い出したという事は、ロシア政府がサハリン2の権益
を取り戻そうと考えていると言うこと、当然シェル、三井物産、三菱商事の3社は反対しま
すが2006年12月についに、ガスプロムがサハリン・エナジー・インベストメントの50%超
の株を買収することが決定した。

結局開発の資金と労力だけ出させ、出来上がった頃合を見て奪い返すというロシアの
強引なやり方
今回麻生総理大臣も式典に出席する事で、この一連の騒動は何も無かったかのように
納め、尚且つお墨付きを与える結果に、このロシア政府の関与の是非はともかく日本に
資源が無い弱さを改めて痛感させられる一連の騒動でした。

サハリン2では、日本のガス需要の 10%超を賄える見込みでしたが、日本企業の出資
比率が半減したことにより、それを実現するのは困難になりました、資源の無い日本が
唯一世界に誇れる、技術力、これだけは死守しなければ日本の将来は無いのでは
そんな事を考えさせられました。

最後に、メドベージェフ大統領は「サハリン2の稼働は、世界最大のガス生産国ロシアの
新たな可能性を開くもので、これによって世界に向けたロシアの立場は強化されることに
なる」と述べたそうです


HOMENext ≫
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/07 よるきち]
[09/01 むらた]
[03/11 シオン]
[03/11 シオン]
[03/11 シオン]
プロフィール
HN:
葬儀スタッフ
性別:
男性
職業:
葬祭業スタッフ
趣味:
寺院巡り
自己紹介:
葬祭業歴、10年弱、前職は橋梁メーカーで品質管理を担当、昔は地図に残る仕事、現在は心に残る仕事をめざしてます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 葬儀屋スタッフの時々日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]